サニーデイ・サービス「東京」20年とルノアール。

先週、立て続けに
ふたりのサニーデイ・サービスファンと
お会いしました。

そうだ、そうだ、
私もすごく好きだったなぁ。
久しぶりにひっぱりだした
サニーデイのアルバムたち。

この時季といえば
やはり、桜のジャケットが印象的な
セカンドアルバム「東京」です!

不安定なころは
“青春狂走曲”に救われ
それなりに女子のころは
“真っ赤な太陽”に夢中になり(笑)
東京という場所にも憧れていた
うら若きひねくれ乙女時代です。

sunnyday2

なんと、今年の2月21日で
東京がリリースされて20年経ったと
知りました。

そうか、もう20年。

またも始まる
個人的な思い出ストーリー(笑)

サニーデイのライブに初めて行ったのは
1997年12月、神戸チキンジョージ。

高校の同級生と
にしむら珈琲で待ち合わせをして
会場へむかいました。

満席スタンディングのなか
3時間に及ぶライブ。
百万遍・進々堂の
ほろにが思い出を存分にひきずっていた私は
“コーヒーと恋愛”のアコースティック演奏に
ホロリとしつつも(笑)

「先日、ココでSHAZNAもライブしてたんですよー」の
MCに友達と笑いながら
小雪降る神戸のライブ会場を後にしました。

それから3年後の2000年12月
サニーデイも売れっ子になった頃
誕生日に飛び込んできた
まさかのサニーデイ解散のニュース。

バイト先ので知り合った
じゅんちゃんに

「ラストライブ、東京まで観に行こう!
チケットなくても、新宿リキッドルームやったら
階段に座って聞けるで!」

『えっ、ホンマ、階段に入れるん?
スゴイな!』

甘いことばに導かれ(笑)
夜行バスでいざ東京へ。

曽我部さんと同じ大学を中退した
じゅんちゃんは、東京ツウで!?

「新宿着いたらな、
ルノアールって喫茶室で休憩したらいいねん。
喫茶店ちゃうで、”喫茶室”やで。
めっちゃゆっくりできて、昆布茶もあるから、
都会のオアシスって言うんや!」

それまで東京へ遊びに行っても
ルノアールもリキッドルーム階段にも
足を踏み入れたことはなく、
もう興味津々!意気揚々で上京しました。

スケジュール通り
ルノアール→下北沢散策→リキッドルーム階段張りつきを終え
おんおん泣くじゅんちゃんを励ましながら
また夜行バスで大阪へ戻ったころには
ぎっくり腰に(笑)

しばらくは
一緒にソロ活動も応援していましたが
お互いの環境もかわり
疎遠になっていきました。

じゅんちゃん、どうしてるかなぁ。
今でも前髪パッツンだろうか。

あの、コテコテの大阪弁を
久しぶりに聞きたい。

お医者さんの娘で
“勉強できない長女だからどうしようもない”って
言ってたけど、
その後、ニューヨークへ渡って
着物の古着屋をやっていたはず…。

2016年2月の今、
チキンジョージもリキッドルームもサニーデイも
紆余曲折ありつつ
今、また活動中。

もしかしたら、じゅんちゃんも
開業医の妻になっているかもなぁ(笑)

今でも
東京行ったら、ルノアールに立ち寄ってるでー!

そんなことにも、
思いを巡らせつつ
ホロリとさせられた
久しぶりの「東京」でした!

sunnyday4

追記:それにしても、おかしいな…
リキッドルームも歌舞伎町だった。
青山や代官山にも
めいいっぱい背伸びをして出入りしていたのに
印象的な思い出は
歌舞伎町ばかり(笑)

※SHAZNA:Melty Love・すみれSeptember Loveのカバーで人気を博した
IZAM率いるヴィジュアル系ロックバンド

Pocket
LINEで送る