ポリタス 政治にプラス 津田大介

p1

今回ご紹介したいお気に入りのサイトは、ジャーナリストの津田大介氏が編集長を務める、ウェブマガジン「ポリタス」
ポリタスは、社会問題や政治を考える上で、視点と論点に分けられた記事が掲載されているのが特長です。

”視点”のカテゴリでは、問題を知るための知識や情報を得る。

”論点”のカテゴリーでは多様な意見を知り問題のへの理解を務める。

サイトは視点と論点の2つのシンプルな構成となっており、サイトの設計も分かりやすく、読みやすいデザインであることも優れたサイトだと思います。

p2
過去のバックナンバーも、読み応えのある記事内容で、様々な人物による寄稿が掲載されています。津田さんのネットを使って、社会を動かそうとする試みには、イデオロギーを超えてとても共感するものがあります。

現在、ウェブの利用のされ方は、ツイッターやFBなどのフロー(流れる)な物が主流になりつつありますが、本来、ウェブの利点は知りたい情報にいつでもアクセスできるアーカイヴ性にありました。僕個人は、このアーカイヴ性にインターネットの力を感じていて、ネットで拡散されることも必要ですが、社会問題を考える上では、一度立ち止まって、考えたい事項を選択し熟考することも必要です。
民主主義とは、このような活動が活発化されることではないでしょうか。
立ち止まって考えを深めたい時に、おすすめのサイトです。

ポリタス
http://politas.jp/

Pocket
LINEで送る