気軽さが魅力、まちライブラリー book festa 2016 in kansai

ヒョイトイポで
読書・文学担当と言えば
コウノのしゅうちゃん!

ですが…
今日は私もちょっと「本」に関するコトを
書いてみようと思います。

今でこそ、
何かを調べるときや知識を得る場所はインターネットですが
その昔は図書館大好き・メガネ文学少女でした。

読むだけでは満足行かず、
なんちゃって小説も執筆…

「将来は文章を書く人になるんだー!」って
豪語していたもんです。
あー、今思えば恥ずかしい。
(そのノートは封印しております、笑)

大人になってからは
日々の生活に追われ、
読書の機会が減ってしまいましたが、
ときどき、活字を欲することがあります。

同じ思いの方も多いようで
活字離れの社会と言われる一方で
読書会のイベントも
各地で開催されています。

そんななか
敷居が低そうで(笑)
気になる存在なのが
まちライブラリー

matilibrary-1

ライブラリーを作りたい!っていう思いから
みんな本を持ち寄り、
1つの棚(ライブラリー)を作ります。
そして読んだ本に感想を書き込んだり
お話をしたりする会です。

全国のカフェや病院、学校などに
まちライブラリーが
存在しています。

ヒョイトイポの近くで言えば
立命館大学のいばらきキャンパスです!

地域交流をコンセプトにしているので
学生さんでなくても、入りやすい。

来月5/15には
ブックフェスタ「第2回植本祭」も開催されます。

テーマも
「版画で語る川端康成」から
「アニメを語る(ガンダム)」
「本とソフトクリーム」など

格式ばらず
ちょうどいい、ゆるっと具合でしょう(笑)
ソフトクリームなんて、
思いっきりツボですー!

matilibrary-2
photo by ritsumeikan-university

Pocket
LINEで送る