リオ・デジャネイロ・オリンピック アスリートのイラストたち

無題orin1
連日 寝不足ぎみです。
大好きなプロ野球や高校野球も熱いけれど、やはりオリンピックである。
いやあ ほんま感動の連続なのだ。
4年に一度、それに向かって努力を重ね、すべてを投げ打って打ち込んできたアスリート達の汗と涙が激突する緊張感。これはもう凄まじいとしかいいようがないです。
各自の表現と争い。頂点を求めて競い合う姿のなんと美しいことか。
長きの努力を一瞬にかけるに人々は 自分と相手という2つの壁に立ち向かっているかのように そこらじゅうに光を発していて 見ている方はメダルを奪い合う戦いを超えて 人としての魅力にうちのめされてしまう。
無題orin2
(萩野公介選手)

スポーツのいいところは 戦いとリスペクト。
相手を尊敬しながら 自分をすべて出しあい 戦うところ。
今回 体操個人総合での 内村選手とオレグ・ベルニャエフ選手のデッドヒートと試合後の会見でのエピソードはとても感動的だった。
無題orin4
(絶対王者の内村航平選手)
無題orin6
(素晴らしいオレグ・ベルニャエフ選手)

昔は なにかここ一番で力を出し切れないイメージだった日本の選手も、今はもうそういうこともない。本番で自分の力を、また新記録をたたきだすメンタルは想像を絶する。拍手拍手である。
もう勝ち負けとか大事やけど、大舞台でのパフォーマンスがそれぞれ悔いのないようなものになるようにと願いながら、オリンピック後半も応援したと思います。
がんばれ、みんな!
無題orin3
(王子 加藤凌平選手)
無題orin1
(ひねり王子 白井健三選手)
無題orin5
(強い!大野将平選手)
無題orin7
(なんというテクニック 水谷隼選手)

オリンピックは 凄いな。

Pocket
LINEで送る