維新派公演「アマハラ」 奈良・平城京跡

無題amahara
真夏の暑さに疲れつつも、見上げた空の雲がなんとなく 懐かしい夏の終わりをイメージさせる。もう秋はすぐそこに来ているのかな。

デヴィッド・ボウイ、プリンス、グレン・フライ、モーリス・ホワイト、ナタリー・コール、永六輔に大橋巨泉 そして千代の富士
マイケル・チミノとアッバス・キアロスタミと蜷川幸雄
クレージュとソニア・リキエル
2016年 多くの偉人たちが星になりました(泣)
そんな中で 最もショックだったのが 維新派主宰の松本雄吉の死
唯一無二の世界観を構築するスーパースターである。
秋に控えていた公演に向かう途中で心臓を失った維新派はどうなるのか。
うちの二十歳女子も幸運にも三度目の参加を予定していました。

訃報から少し経って、松本さんの遺志を継ぎ、奈良の平城京跡で予定通り開催されることになりました。
2016年 10月14日~24日 「アマハラ」at 奈良・平城京跡
すでに稽古は連日始まっていて、チケットの方も好調みたいです。
土日や千秋楽はやはり人気です。

「アマハラ」は20世紀三部作のアジア篇として上演した「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」を再構築した作品です。日本とアジアの国々をつなぐ、島から島へ、島づたいに続く”海の道”を巡った人々を、史実を織り交ぜながら描きます。丸太4000本を用い、アジアの群島を造形した初演時の劇場を経て、本作では”廃船”をイメージした劇場を草原の海に作り上げ、脚本や演出も新たに。ここ平城京跡で上演します。
~維新派パンフレットより~

特別な空間になること 間違いなしでしょう。
楽しみにしています。
皆さん 観にいきましょう
無題matsumoto
松本雄吉さん のつもり

維新派HP
http://ishinha.com/

Pocket
LINEで送る