ラサへの歩き方

1469064201_1tibet4
今 第七藝術劇場で公開中の映画「ラサへの歩き方 祈りの2400km」がとても気になってます。
チベットの小さな村から 聖地ラサ、そしてカイラス山へ 2400kmというとてつもない道のりを 五体投地で進む村人たちを映したロードムービー。
五体投地とは 両手、両ひざ、額を地面に投げ伏して礼拝することらしいです。
恥ずかしながら 初めて知りました。
予告編を観たけれど、今の自分の生活の緩さとは恐ろしいほどかけ離れた壮絶さ。そして絆
五体投地で大切なことは、「ズルをしない」そして「他人のために祈ること」らしい。
こども、妊婦、老人 映し出される彼らの姿は 今の自分にどう映るのか?
感じてみたい。

昔からたまにページをめくるイサム高野さんの「TIBET ブッダの民」という写真集があります。
写真のなかの人々が素晴らしくて、衣装が素敵で観てたのですが、そこにいる人々はこの映画のなかの世界にいた。
無題tibet2
観たい!
無題tibet1
こんな時代だからこそ 観たい
無題tibet3
一年かけて 他人のために祈る2400kmの旅
凄すぎる
1469064201_1tibet4

予告編

Pocket
LINEで送る