岡崎京子展「戦場のガールズ・ライフ」伊丹市立美術館

伊丹市立美術館にて
岡崎恭子さんの展覧会「戦場のガールズ・ライフ」、
昨年の東京に続き、待望の西日本展が開催中(~9/11)です。

okazaki.k-1

岡崎京子さんと言えば
ポップカルチャーのアイコン的存在で
一時代を牽引した漫画家のひとりです。

高校時代、
学校の先輩から
「雑誌CUTIEの連載漫画読んでる?
“東京ガールズブラボー”ってヤツ。
すごいねん!!!」

「ちょっと頭クラクラするで」

と、薦められたのが
最初の出会いでした。

先生にバレたらあかんで、と言いながら
仲間内で回し読み!
あの頃特有の
ちょっと生意気で自意識過剰な心に
響いてきたんですよね。

岡崎さんの作品に触れることで
自分のイタいところが
クリアになるような感覚もありました(笑)

憧れもあり、
ノックダウンもされる
そんな存在だったように思います。

会場では
時代の背景と岡崎さんの作品を
年表形式で紹介されていたので
とても分かりやすく、
多くの方が足をとめて、じっくりと閲覧されていました。

pinkのユミちゃん

okazaki.k-5

原画や当時のインタビュー記事も
本当に貴重で、
一つ一つ見ていたら
最後は時間との戦いに…(笑)
圧巻の約300点の展示です。

はたち前後の女性や
男性の来場者も多く、いらっいしゃいました。

いとうせいこうさんの番組「ゲバゲバゲリラ」(スペースシャワーTV)に
出演された時のVTR映像もなつかしく
2回見てしまいました(笑)

okazaki.k-3

交通事故にあわれた後、
自宅療養を続けられている岡崎さん、
伊丹展にむけて
メッセージが届けられていました。

okazaki.k-6

今も色褪せていない
岡崎さんの作品たち。
今、また新たな気持ちで読み返しています。

okazaki.k-2

Pocket
LINEで送る