小学校の運動会で泣ける歳。

先日、小学校1年生になった
甥っ子の運動会を観に行ってきました。
(甥っ子=弟の子供です)

undouka2

事前にお知らせしておきますが、
私自身は
大の運動会嫌い
マラソン大会なんてもっと嫌い
ちなみに涙腺もかたいタイプです。

子供の頃、
体育関係のイベント前日には
雨が降らぬか
ケガでもしないか
ホンキで願っていたほどです(笑)

そんな私でも
甥っ子から
運動会のプログラム(自分の出番を記入済)が届くと
「これは行かねば!
誘ってくれるなんて1年生で終わりかも…」と
早朝から仕事を片付けて、車で1時間。
甥っ子が暮らす琵琶湖沿いの小学校へ!

開会式には間に合わなかったものの
個人競技!50メートル走の応援に
すべりこみました。

8レースを走る甥っ子を待ちながら、
コチラもドキドキ。

よーい、ドンっ!

キタキター。

前に進めばいいのに
どちらかと言うと
上に飛びはねがちのランニングフォーム。

これでは
ハナから一番はムリやん(笑)

教えてあげてよ〜、走り方!
私と全く違って
体育会系の弟を横目でにらみつつ、
ガンバレー!

進もうとする姿を見ていると
大きくなったな〜がんばってるなー
だんだん涙腺がうるうる…

何とか2着でゴールです!

ここまでなら
あららら、伯母バカねぇ。で終わる話ですが、
一番、感動したのは
高学年の「組体操」だったんです。

静まり返ったグランド上で
一つ一つ確実にランクアップした技を
披露する姿に
涙がホロリ。

いろんな子がいるなかで
助け合う姿にも
また涙がホロリ。

グランドに寝転んだときの
土のにおい、砂利の痛み、
完成に至るまでは、失敗もたくさんあっただろうし
けんかもしたかも知れない。

自分の組体操時代も思い出しつつ
一生懸命な姿って、
純粋にいいなぁと感じました。

「これは、もう歳だよねえ。
まぁ、でも歳取って良かったね。
運動会で泣けるんだから…。」

義妹とそんな話をしながら
帰路につきました。

undoukai1

当の甥っ子は

「来たよー!がんばったね。」

と声をかけた私を、
横目でチラリ見るだけ。
ニコリともしてくれませんでしたけど…
そんなもんよね。

Pocket
LINEで送る