web制作のLesson アンラーン(un-learn)

web1

2か月ほど前から、ウェブ制作の個人指導にあたっています。
僕自身はウェブサイトの制作に必要な技術と知識を独学で学んできました。
なので、先生という立場で指導することに馴染めず、トレーナーとしてサポートするという方針で取り組んでいます。
イメージは、スポーツ選手の身体の管理をするスポーツトレーナのイメージで、共に目標に向かって並走する感じです。

web2

指導は、ウェブ制作に必要な基本的な勉強と、実践に取り組んでもらうように、課題を提出して、進行具合を聞きとり、不明な点などは補足して説明していきます。
また、モチベーションを維持し続ける為に、コミュニケーションを大事にしています。

戦後を代表する思想家であった鶴見俊輔は「アンラーン(un-learn)」を「学びほぐす」という言葉で訳していますが、自身が学んだことを、ほぐして、自身の言葉で、新たに説いていくということを、僕自身実践してみて、学んできたこと、経験してきたことが、新たに血肉化していくことを実感しました。

学びの立場にあるのは、実のところ指導の側に立つ僕自身なのかも知れません。
改めて、学びほぐすことの重要性を、学びました。

Pocket
LINEで送る