ヒョイトイポのはじまり

このヒョイトイポのオフィシャルサイトでは、ブログの形を用いた設計になっていますが、これまでは案内、お知らせのような内容で留まっていました。
ウェブサイトの形も未完の状態で改良の必要があり、今後は設計のブラッシュアップとウェブサイトを通じて様々な情報の発信にも取り組んでいこうと考えています。

まずは、メンバー3人による自由な内容でブログという形での記事を更新していきます。
どうぞ皆様お付き合いくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

ヒョイトイポは”境界線(ボーダー)を超える”というコンセプトから始まり、それも軽い感じで超えていこうというメッセージを込めて”ひょいっと一歩”から”ヒョイトイポ”という造語のブランド名に辿り着きました。

base3

境界線は社会や世界が引いた外に存在するものから、自己の内の中で引かれたものまで、想像を膨らませば、無数に見えない境界線が存在しているというのが私たち共通の認識でした。

やがて、この問題意識は私たちの個人的な想いによるものではなく、現代を生きる全ての人々に関わる意識ではないかと考え、”境界線を越える”というメッセージを作品に込め発信しています。

ドットのボーダーが一段飛び越えて連なるこの柄には、そのようなメッセージを込めブランドのアイコンとなりました。昨年発表したファースト作品のスヌード(キミノミカタ)もこの柄によるものです。
footer
そして、2015A/Wではヒョイトイポのボーダーを突き詰めた初のコレクション作品として発表し、原点に立ち戻りながらも、新たにボーダーモチーフを展開しました。
キミノミカタは第二楽章に入り、キミノミカタ 2th movという品名で発表しています。
sn1

ブランドの立ち上げから、たくさんの方々に触れていただき、改めてはじまりからこのアイコンに至ったお話をしたいと思い簡単に綴ってみました。
次回からは、メンバーそれぞれの視点による幅広い内容で発信します。
お楽しみに!!

テキスト/河野周平

 

Pocket
LINEで送る