灯しびとの集い2015

11/14-15 堺市の大仙公園で開催された
クラフトフェア「灯しびとの集い」へ
行ってきました。

灯しびとの集い

うつわや木工、布など
クラフト工芸好きにはたまらない
年に1回のイベントです。

茨木市の自宅から堺の百舌鳥までは
電車を乗り継いで、2時間弱!
毎年、水筒持参の遠足気分です(笑)

当日は心配していた雨も上がり、
紅葉のグラデーションにうっとり。
秋を感じることができました。

大仙公園

場内には
クラフト作家さんのブース100組
飲食ブース14組

灯しびとの集い

いずれも
審査の結果選ばれた
ツワモノぞろいです!

長野県・松本市で開催される
日本一有名なクラフトフェア
クラフトフェアまつもと」と比べると小規模ですが、
キラリと光る才能、モノに出会えます。

灯しびとの集い

こういったイベントの魅力は
直接、作家さんとお話しできる点に
ありますよね~

ふだんは寡黙な私も(笑)
完成までのストーリーを聞きたくて
ついついお声がけをしてしまいます。

自分はホント不器用なのに
見る、聞く、調べる、集めるのが好きなんです。

そんななかから
お気に入りの作家さんを
ご紹介します。

石川県の作家 高知子さん
カラフルな糸づかいがステキ。
ブローチって何個でも
欲しくなるんですよねー。

高知子

愛知県の陶芸家 増山文さん
ノスタルジックなイラストが人気、
柄ありでも、ちゃんとおかずが映えるのです(←ここ重要)。

増山文

岐阜県の陶芸家 石川裕信さん
輪花のうつわが魅力、
お茶請けや一品つまみもの用として、重宝しています。
今は豆皿気分。

石川裕信

そして「灯しびとの集い」と言えば
素材や味にこだわった
飲食ブースも人気です。

ジンジャーにこだわった
une tableさんでは
柿みかんフレイバーのホットジンジャーをいただき、
ジャムを購入しました。

untable

高知に縁のあるモノとしては
しょうがにめっぽう弱い。

ランチには
オーガニック弁当で人気の「米 day no.1」を
狙っていましたが、
早々にソールドアウト!

いつもコチラのインスタを見ながら
どれだけ楽しみにしていたことかー(笑)
お弁当は
また来年のお楽しみです。

手に取って、身につけて、使ってうれしい

大好きなクラフトフェア。
ぜひご一緒しましょう♪

食いしん坊のクラフトフェア巡りの教訓

飲食ブースを先に回るべし。

Pocket
LINEで送る